1-top.jpg2-tekkin.jpg22-zene.jpg2-kanri.jpg2-tejun.jpg2-ryoukin.jpg2-nagare.jpg2-jouhou.jpg assist.gif

 新着・更新案内
10-11111.png それでなくても
予算ないのに積算なんて外注出来るわけないじゃん!


というゼネコン関係者の方の声をよくお聞きします。


atusetu.jpg
でも・・・

よく考えてみてくださいね。



仮に

10万円積算で掛かっても1t余分な材料が減せれば全然OKですよね?

当社料金で10万円はt数にして約500tクラスの現場。
10Fのマンションで1フロア100kg違えば1tほどの誤差はすぐに発生します。

100kg=荷揚げ開口補強筋

ほどの事ですぐに増えてしまうのです。


さらに受注までに時間を要し受注後着工までの時間が短いのも現在の傾向。

『さぁ決まったよ!どこの鉄筋屋さんにしようか?』

なんてやってるうちに基礎(杭)工事も終わり掘削開始。
そんなドタバタで材料入荷もままならず捨てCON打って墨出しが済んで・・・

『鉄筋入荷、加工待ち・・・』とほほ(>_<)


なんてならないように!

(実際、このような経験を私も何度もしました。)


事前に積算代行サービスをご利用いただくことで
受注後すぐに基礎工事分だけでも速やかにオーダーすることが出来ます。


元職人の私には先々になって基礎からの工程遅れを取り戻すのは
各業者さんも所長さんも本当に大変なのがよく分かります。

だからこそっ!

入札前・受注前
受注後鉄筋屋さんが決まる前

のより詳細な積算がこれからは


必要なのではないでしょうか???
それもより、施工適応材で算出することが必要なのではないでしょうか?


なるほど!と思われる積算購買担当の方はこちらをお読み下さい>>>


4.png 当社では(株)アーキテック社製鉄之助Ver.9をメイン機として積算をしております。
こちらは通常、ゼネコン様が使用されることの多い、各部材の総延べ長から重量算出するものとは異なり、施工時におけるジョイントや定着を施工寸法から定尺算出するシステムとなります。
従いまして、延長算出より大きい数量が算出されるケースがあります。


===================================



1-top.jpg2-tekkin.jpg22-zene.jpg2-kanri.jpg2-tejun.jpg2-ryoukin.jpg2-nagare.jpg2-jouhou.jpg

Before  | Copyright © 鉄筋積算ASSIST  |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ